読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過去を引きずるよりタワシを引きずれ

タワシをリードにつなぎ散歩するたわしおじさんの日々

『君住む街へ』頑張らなくていいけど諦めない

とても辛いとき
オフコースの『君住む街へ』を心の中で歌っていた

 

その手で心を閉じないで
その生命が尽きるまで
かすかな望みがまだその手に
暖かく残っているなら

 

もうどうすることもできないと思ったとき

 

もしかすると
いつか奇跡みたいなことが起こって
自然と笑えるようになるかもしれない

 

本当にかすかな望みを
もしかしたら信じてもいいのかな

そんな風に思って生きのびた


だからこの歌『君住む街へ』は
俺にとっては命の恩人かもしれない

 

歌って素敵だね

 


「気を遣う」には二種類ある


本当に相手の事に配慮している場合と

実際は自分の事に拘泥している場合と


前者は「思いやり」とも言う

後者は「プライド、羞恥心、劣等感」

そういったものからの発現だ


他者からどのように見られるか

他者評価を第一にして生きる人

それは基本的には他者を脅威と見ている人間の行為だ

 

とても居心地がよくない

気を遣う同士の微妙な空気

そんな関係は疲れるね

気疲れってヤツだ

昔はそうだったからよくわかる

 

でも、思いやりモードに移れたら


生きているのはとても楽だし

人といるのも楽しくなる

それはどうやっていけばいいかって?

 

自分の感情を大切にすること

変に抑えるのではなく

感じるのは感じるままに


それを抑えなきゃと

いつの間にか自分に言い聞かせてきたはず

親、学校、友だち、職場…

適応しなくちゃって

 


ムカッと来たっていい

怒ったっていい

泣いたっていい

 

泣くのをぐっとこらえるとき

顔の辺りにすごく妙な力が入っている

こみ上げてくるものを抑えている


あの抑えたものはどこに行っているか


全部身体の中

細胞の中にこもっていく

抑え込んだって残ってるんだから


破綻していくんだから

 

自分はいつも引きつった笑いを浮かべてるんじゃないかとか

きっと、つまらない顔をしていつも歩いてる


いやいや、そんな風に見られないように

明るいキャラを演じようとか


気遣い気遣い気遣い…


両極に揺れる


人には見せられない自分がある

こんな自分を見せたら駄目だ

世界の終わりだ!

 


いや、世界終わらないし

ぜんぜん問題ないんだけどね


どんなに混乱していても

気まずく感じていても


大丈夫な人は大丈夫


あーなんか、混乱してるなぁ

と状況を楽しんでいる

 

もう、こういった感覚は最近はほとんどないから


自分の過去のような状態になっていそうな人を見ると

なんかほほえましい


当事者にとっては、真っ只中で大変なんだけどね

 

 


そういったものを少しずつでいいから手放せていけるといいね

 


うん

 

「ありがとう」


「わかっているよ」


「そうだね」


「さよなら」

 

俺が昔手に入れた魔法の言葉


自分の中のいろいろな感情

過去にあったいろいろなことがら

その過去から作ってきた

自己像、信じ込み、思い込み

自分の中に取り込んだ他者の評価

人からどう見られるか


手放していけばいくほど

生きるのは楽になる

 

自分が抑え込んでいる感情


でも、それだって、なんとかしようと

生きのびるために、過去の自分がやってきたことだ


全否定することはない

それは必要だった


でも、今はもう必要なくなったなら

新しい一歩を踏み出せばいい


今までの自分や過去に感謝しよう

そしてそれを十分体験したら

もう手放せばいい

 


「ありがとう」

大切なものだった、ありがとう
過去の自分に、ありがとう
がんばったね、ありがとう


「わかっているよ」

必要だったんだね
無駄なことではなかったんだ
ちゃんともう十分感じたよ


「そうだね」

じっくりとかみしめよう
今までの自分とこれからの自分のために
少しだけ「今」に集中しよう


「さよなら」

さぁ、もうてばなそう
本当にありがとう さよなら
大切な日々よ さよなら

 

 

そして、新しい自分に生まれ変わったら


ちょっとまわりの世界を見渡してみよう


なんか違うよ


世界はきっと以前よりやさしくなっている


そして、自分の周りには

善意とか、思いやりとか、素敵なものが

素敵な人たちが

まだ見ない未来が

いっぱい待っている


それは、ずっと昔からあるんだけど

気づかなかっただけ

 


あの日の勇気を忘れないで
すべてのことが終わるまで
君住む街まで 飛んでゆくよ
ひとりと思わないで いつでも

 


それと…

タイトルの言葉

「頑張らなくてもいいけど、あきらめない」

この言葉を俺にくれて

今も生きていてくれている君に


ありがとう


生きているって素敵だね

 

 

2月10日は「ニートの日」だそうだ

 

今、どうすることもできないと思っていても

 

未来においてはその限りではないから

 

今の不可能を前提にして可能性を探っている

根底で破綻しているその枠をちょっとだけ壊してみようよ

 

「過去を引きずるよりタワシを引きずれ」ってね

 

タワシを散歩してるヘンな人も言ってるよ(笑)

 

今、ニートの人もあまり思いつめないでいられるといいね

 

きっと、世間体とか、世の役にたつとか、建設的とか、しなくてはいけないとか

そういったことにとらわれている

 

そんなことはおいておいて

 

ちょっとだけでも楽しいなと思えることを探してみよう

 

この調子で書くと今日中に終わらないから

 

このへんで

 

最後に たわしおじさん の大好きなこの歌を

 

f:id:tokorozawaaisu:20170210224129j:image

 

OFF COURSE『君住む街へ』 作詞・作曲 小田和正

そんなに自分を責めないで
過去はいつでも 鮮やかなもの
死にたいくらい辛くても
都会の闇へ消えそうな時でも
激しくうねる海のように
やがて君は乗り越えてゆくはず

その手で望みを捨てないで
すべてのことが終るまで
君住む街まで飛んでゆくよ
ひとりと思わないで いつでも
 

君の弱さを恥じないで
皆んな何度も つまづいている
今の君も あの頃に
負けないくらい 僕は好きだから
歌い続ける 繰返し
君がまた その顔を上げるまで

あの日の勇気を忘れないで
すべてのことが終るまで
君住む街まで飛んでゆくよ
ひとりと思わないで いつでも
 

雲の切れ間に つき抜ける青い空
皆んな 待ってる また走り始めるまで


その手で心を閉じないで
その生命が尽きるまで
かすかな望みがまだその手に
暖かく残っているなら


あの日の勇気を忘れないで
すべてのことが終わるまで

君住む街まで 飛んでゆくよ
ひとりと思わないで いつでも


あの日の勇気を忘れないで
すべてのことが終わるまで
君住む街まで 飛んでゆくよ
ひとりと思わないで いつでも